初めてテレクラを使う女性

初めてのテレクラだという女と喋った。声はなかなか好きな感じ。テレクラの楽しみ方や注意点など教えてやっていると、どうやら俺に対しての警戒心が少し和らいだようだった。「近いならちょっと会ってみる?」と何気無く誘ってみると、ちょっとくらいならと、応じてきたので、お茶がてら会う事にした。実物は思ったよりも大したことなくて、ぽっちゃりなのに、胸が小さいという色気のないタイプの女だった。会って、最初は猫かぶりでもしていたのだろうが、徐々に慣れてくるとよく喋る女だった。しかも関西弁。そうなるともうテレビでよく見る『大阪のおばちゃん』にしか見えなくなっていた。全然そのつもりもなかったので、早めに切り上げようと思っていたら、女が飲みに行こうと言い出した。お酒は嫌いじゃないし、ひとりで飲むよりは誰かと一緒に飲みたい派なので、少しだけ・・・のつもりで近所の居酒屋へ。お酒が入るとさらにお喋りがとまらなくなって、ちょっと面倒くさくなってきたので、酔ったふりして女にキスしてみた。ビックリして黙り込んだすきに店から連れ出し、帰らそうと思ったのに、勘違いしたみたいで俺の腕から離れようとしない。上目遣いで完全に誘ってきている。この手の女はあとが面倒くさそうだと思ったので、適当に理由つけてその場は逃れることができたが、その後は、テレクラで会う女はちゃんと選ぶようになった。教訓としては、初心者と処女はやめておけ。だな。