チャトレと付き合う

ついに努力が実ってずっと好きだったサイトのチャトレと付き合う事になりました。正直それまでかなりの根気と時間が掛かりました。そのチャトレとの馴れ初めになるのですが最初に見かけたのが一年前くらい前でした。この時点ではまだ特に気になる存在でもなくて、普通に可愛い娘だなと思っていたくらいでした。正直この娘だけにチャットをしに行くのではなく片っ端から空いてる女の子とチャットをしていました。そんなチャット漬けの日々の中でその子とツーショットチャットをしている最中に明らかに元気がなかったので「元気が無いようだけど何かあったの?」って聞くとその日のチャットはお悩み相談になってしまいました。悩みを聞いているとどうやら彼女は結婚しており子供がいないまでも、彼女の夫は稼ぎが悪くさらには遊びまわっている有様で仕方なしに自分がこういう仕事をして生計を立ているらしく疲れてきたと言ってきたのです。何とかしてあげたいと思い相談に乗っているうちに、サイトではお金がかかり過ぎてしょうがないからとメアドと電話番号の交換をしました。いつの間にか飲みに行くよな仲に進展していました。その時には具体的にどういった方法で離婚するとかそういった話になっていましたね。それなりに付き合いが進み男女の仲になっていました。無事に離婚してから思い切って告白しました。しかし、最初は離婚した直後といったこともあって断られてしまいましたが、再度告白し本気度に根負けしたのかOKをもらいました。

テレフォンクラブについて

以前に流行っていたテレフォンクラブ。この通称テレクラと呼ばれるサービスで出会いを獲得していました。しかしそれは80年代のことで、それは年々衰退の傾向を辿ります。21世紀となる今ではその姿もすっかり見かけなくなりました。リンリンハウスを書かれた看板は町から消えました。これに変わる出会いのサービスとして注目されるのが、ツーショットダイヤルです。テレクラと比べて違うのはその利便性です。テレクラではお店の中でしかサービスを利用できませんでしたが、同サービスでは自宅でも野外でも好きなところで利用できます。決められた電話番号に対してコールするだけなのです。すると出会いを求めている異性に対して繋がります。そしていつでも好きなタイミングでコンタクトすることができます。男性は有料、女性は無料、そういった料金設定はテレクラのときと同じですね。ときには双方が無料であったり、はたまた立場が逆になるという料金設定もあるみたいですが・・・。ここにきてこのサービスが再びブームとなりつつあります。人気絶頂にある出会い系サイトに肩を並べるようになり、ちかぢか追い越すのではないかという勢いです。少し距離を取ってメールからの交際を望む人なら出会い系サイト、すぐにでも仲良くなって早くチャットで出会いたいという人にはオススメ。そのような認識がありますね。どちらも素晴らしいサービスではあると思いますが、私のように恋人やセフレを早急に求めている人間にとっては、ツーショットダイヤルのほうが利益をもたらしてくれるのは明らかです。

童貞がテレフォンセックスをする

スケベな妄想ばかりをしていて実際にはセックスしたことがありません。私はまぎれもなく童貞です。そんな私だって女性のオマンコくらいは見たことがありますよ。いまどきインターネットや電話にさえ繋がっていればオマンコ見放題ですからね!私が愛好しているのはテレフォンセックスです。もちろんテレビ電話でやっています。そして私の場合はパソコンでやっています。だってそのほうが大きな画面で見れるでしょう?いつも巨大なオマンコを見ながらオナニーしています!私はいつも人妻から見せてもらっています。お願いすればオッパイでもオマンコでも惜しげなく見せてくれます。しかしそのためにはこちらもサービスしなければなりません。まずは人妻の指示によりチンコの皮を剥きます。彼女はこのピンク色の亀頭が綺麗だと褒めてくれます。そりゃあ童貞のチンコは何処にも入れていないのだから綺麗ですよ。誰も入れさせてくれませんからね!それからも色々と指示を受けて、タマキンをドアップで映してみたり、チンコを勃起させてみたり。そんなことは旦那にでも頼めばいいだろうと思うのですが、やはり若い男のモノがいいらしいです。彼女はオマンコこそ見せてくれるものの、オッパイはなかなか見せてくれません。オッパイは旦那にしか見せないことにしているそうです。だから私はいつも乳首の直前までしか見せてもらえません。しかしもっと仲良くなれば見せてくれるとも言っています。その日を夢見て今日も童貞やってます!

ツーショットダイヤルで遊ぶコツ

ツーショットダイヤルが人気あったバブルの頃は一人で攻略法を編み出してやりたい放題でした。やってくる女の子の質も高かったんですね。当時は気合で受話器を取ってゲットした女性と激しいやり取りをして、仲良くなって個人的に連絡交換をしたものです。

ある日仕事の後に会ってお酒を飲みました。彼女はお酒が強く一切酔っている感じがしませんでしたが、私の方はすぐに酔っぱらい、酔った勢いでホテルへ誘いました。彼女も、酔ってる風に見えないけれど、酔っていたみたいで、いいですよ行きましょうという事になりそこで合体しました。合体ってセックスの事ですよ。当時はバブルでお金もあったんで中出ししてからお金だけおいて逃げると言う様な事をしょっちゅうしていました。彼女もそういう風な野郎と思ったんです。
でも思った以上に身体の相性が良かったんですね。その後も毎日のように合体を繰り返し。テレクラで出会ったそのE子さんは、今私の嫁です。そういう嫁が居ようとも、性的な春はまだまだおさまらず、今でもツーショットダイヤルに性を出しています。やってくる女の子はサポ希望が一番多いです。こちらも優しいオジサンという事であって、条件をコロコロかえる事もなく、また出来るだけ良い条件出会う事にしています。もちろん見た目を嘘ついているといった子は無視しますね。どうせならテレビ電話で相手の顔を見てから遊びたいものです。

テレクラとツーショットダイヤルの違い

テレクラとツーショットダイヤルの違いは店舗に行って電話を受けるか、コールセンターに電話を掛けて繋いでもらうかの違いです。リンリンハウスなどのテレクラ店舗に行く方が証拠が残らないので既婚者や恋人がいる人には向いているかもしれませんが、現在は東京や大阪などの都市圏にしか店舗はありません。
出会い喫茶の方が出会えるかもしれませんね。ツーショットダイヤルはコールセンターに電話を掛けるので、どこにいても関係ありません。今はスマートフォンなどがあるので、家に居ながら女の子と2ショットになってテレフォンセックスなどを楽しむことが出来ます。更に仲良くなれば個人の携帯番号を交換したり、会う約束をすることも可能です。
必要なスキルは見ず知らずの女性と会話をして盛り上げる能力です。自分の見た目を気にする必要はありません。電話越しですから相手の姿も分かりません。ひょっとしたらぽっちゃりと言いながら、巨漢なのかもしれません。ガンガン攻める事が重要です。またツーショットダイアルにはメンヘラな女性も多く、話を聞いてほしい、構って欲しい女の子も多いです。ネットのサイトにあるページや雑誌、エロ本などの番号からお好みの地域を選んでコールしてください。

セフレ作りはテレフォンセックスから

テレホンセックス相手募集サイトでセフレを作る究極のメリットは何といっても、”サクラがいない”ところ。出会い系サイトでセフレを募集する場合、もし登録したサイトが悪質サイトだったら、女性と思ってメールしてる相手が実は男のサクラだったことような話、よく耳にします。しかし、テレホンセックスはそうもいきません、性別も目的も、声で全てがわかります。もし、電話エッチした相手とリアルに会うことはできなかったとしても、損することは一切ありません、電話でバーチャルなセックスを楽しめたわけですからね。これがサクラばかりの出会い系サイトだと、お金かけてセフレを作ろうと躍起になったのに、泣き寝入りする羽目になります。テレホンセックスはサクラに騙されずにセフレを作ることができるんです。まずは電話でセックスを楽しんで、あとはついでにセフレになれたらいいなぁ~ぐらいの気持ちがちょうどいいです。あまりセフレを作りたい!の方に意識が集中しすぎると、電話でも変に力が入ってしまいますからね。では、テレホンセックスの相手はどこで探せばよいのか?よくテレクラを勘違いされますが、テレホンセックスをするためにはとくにそういう専用の個室に入る必要はなく、携帯でも、パソコンでも、ツーショットダイヤルやテレフォンセックス専門サイトで相手を探すことできます。無料のサイトも多いので、かかる費用は強いて言うなら、通話量程度と実にリーズナーブルにセックスを楽しめます。あとは相手を仲良くなって、距離を縮めれば、セフレになれる日は近いです。

テレフォンセックス専用番組の利用者

テレフォンセックス専用番組の利用者は増えていて、安心して使える部分が魅力的です。共通する趣味を持っていたり、話題性があったりすると、お互いのコミュニケーションを考えて付き合いを持続していくポイントにもなります。番組によっても特徴が違い、そのバリエーションは豊富です。より自分のニーズを叶えてくれる自分に合ったサイトを見つけることがもっとも重要な点になります。ツーショットダイヤルごとに男女比も少し違い、女性が比率として多いサイトや、逆に男性が多いサイトもあります。近年はコールセンターが整備されてきており、サクラなど、騙されるようなケースも減ってきていて、利便性を考えた素晴らしいサービス展開へと進歩している傾向です。理想のパートナーは、普段の生活ではなかなか出会うチャンスもなく、寂しい思いをしている人も多いでしょう。単にモテないだけではなく、社会人として生活していると仕事で忙しい分、理想の出会いのチャンス自体が少なかったりします。そんな状態を改善し、より人生に潤いを与えるために番組は存在しています。
出会いを求める人は常に多くいて、お互いを繋ぐキューピッド役として、電話コミュニケーションは位置しています。人生を見つめ直し、一緒に笑い合ったりできるSEXパートナーが欲しいなら、利用してみることも考えや選択肢の一つなのです。より精度が高いマッチングを行ってくれるので、あとは自分が魅力的にアピールすればいいだけで、セックスフレンド作りの場としては最高の舞台です。

初めてテレクラを使う女性

初めてのテレクラだという女と喋った。声はなかなか好きな感じ。テレクラの楽しみ方や注意点など教えてやっていると、どうやら俺に対しての警戒心が少し和らいだようだった。「近いならちょっと会ってみる?」と何気無く誘ってみると、ちょっとくらいならと、応じてきたので、お茶がてら会う事にした。実物は思ったよりも大したことなくて、ぽっちゃりなのに、胸が小さいという色気のないタイプの女だった。会って、最初は猫かぶりでもしていたのだろうが、徐々に慣れてくるとよく喋る女だった。しかも関西弁。そうなるともうテレビでよく見る『大阪のおばちゃん』にしか見えなくなっていた。全然そのつもりもなかったので、早めに切り上げようと思っていたら、女が飲みに行こうと言い出した。お酒は嫌いじゃないし、ひとりで飲むよりは誰かと一緒に飲みたい派なので、少しだけ・・・のつもりで近所の居酒屋へ。お酒が入るとさらにお喋りがとまらなくなって、ちょっと面倒くさくなってきたので、酔ったふりして女にキスしてみた。ビックリして黙り込んだすきに店から連れ出し、帰らそうと思ったのに、勘違いしたみたいで俺の腕から離れようとしない。上目遣いで完全に誘ってきている。この手の女はあとが面倒くさそうだと思ったので、適当に理由つけてその場は逃れることができたが、その後は、テレクラで会う女はちゃんと選ぶようになった。教訓としては、初心者と処女はやめておけ。だな。

ゲイ同士でテレフォンセックスができる掲示板

男女のテレフォンセックスは双方に恥ずかしさが合って実現しにくいですが、男性同士や同性愛者同士だと比較的簡単にテレフォンセックスができます。
スマホがあればlineやカカオなどの無料通話アプリを使えばタダでテレホンSEXし放題なので、後は相手を探すだけです。一番簡単なのが無料の掲示板ですね。

日本中にはゲイやホモを隠している人もおり、ネットの掲示板で思いっきり同性愛を楽しみたい方も多いです。
掲示板ではネコタチ以外にも希望のイメージプレイが記載されています。調教してもらいたいや、責めたい、ガチムチ系に掘られたいなど細かい希望が掛かれています。

もちろん直接出会ってホモセックスをする事も可能です。尻穴に肉棒を入れて欲しいなどこちらも細かく記載されています。

ゲイやホモ向けの掲示板は完全無料で利用できるコンテンツが多く、テレフォンセックスやエッチの相手には困らないでしょう。ノンケで興味はあるけど、まだ抵抗がある方はニューハーフ相手に募集してみてもいいでしょう。

テレフォンセックス中に動画を送ってもらう

無料通話アプリではテレフォンセックスの最中にビデオ通話に切り替えて、自分のあられもない姿を動画としてリアルタイムで相手に見せられます。
声だけじゃなくお互いにエッチな姿を見せ合えば興奮度は全然違います。

ビデオ通話のやり方はアプリによって違いますがlineの場合は選択できるので簡単です。盛り上がってイク時に動画に切り替えると、アプリの操作で冷静になってしまうので、出来れば挿入前の前戯の段階でビデオ通話に切り替えた方がいいでしょう。

音声通話もそうですがwi-fiに接続しておけば、何時間テレフォンセックスの生中継をしても無料です。二人っきりなのでどの部分を映し合っても大丈夫です。もちろん無修正のアソコを見せ合う事もテレフォンセックス中にはよくある事です。

アプリは安全なサービスだと思っていました。しかし実態は違っていたりします。そのサービス自体は確かに優良なものなのですが、使っているユーザーが必ずしも普通の人だとは限らないのです。なかには変な人もいます。なかには暴力的な人もいます。普通に楽しくお喋りすればいいのにケンカを売ってくる人もいるのです。だから相手を選ぶことについて慎重になったほうがいいです。まずは相手のことをよく知ることから始めます。テキストチャットからスタートして、相手のことを探ります。