テレフォンクラブについて

以前に流行っていたテレフォンクラブ。この通称テレクラと呼ばれるサービスで出会いを獲得していました。しかしそれは80年代のことで、それは年々衰退の傾向を辿ります。21世紀となる今ではその姿もすっかり見かけなくなりました。リンリンハウスを書かれた看板は町から消えました。これに変わる出会いのサービスとして注目されるのが、ツーショットダイヤルです。テレクラと比べて違うのはその利便性です。テレクラではお店の中でしかサービスを利用できませんでしたが、同サービスでは自宅でも野外でも好きなところで利用できます。決められた電話番号に対してコールするだけなのです。すると出会いを求めている異性に対して繋がります。そしていつでも好きなタイミングでコンタクトすることができます。男性は有料、女性は無料、そういった料金設定はテレクラのときと同じですね。ときには双方が無料であったり、はたまた立場が逆になるという料金設定もあるみたいですが・・・。ここにきてこのサービスが再びブームとなりつつあります。人気絶頂にある出会い系サイトに肩を並べるようになり、ちかぢか追い越すのではないかという勢いです。少し距離を取ってメールからの交際を望む人なら出会い系サイト、すぐにでも仲良くなって早くチャットで出会いたいという人にはオススメ。そのような認識がありますね。どちらも素晴らしいサービスではあると思いますが、私のように恋人やセフレを早急に求めている人間にとっては、ツーショットダイヤルのほうが利益をもたらしてくれるのは明らかです。